名古屋市千種区

Q 名古屋市千種区で野球賭博をする方法はありますか?

A ブックメーカーを活用する方法であれば可能です。


基本的に野球賭博は、日本では禁止されているため、野球の勝敗にかけて遊びたいという方は、海外のブックメーカーを通じて遊んでいるかたが多いようです。


ブックメーカーはスポーツニュースなどでも取り上げられることが多く、日本でも最近話題になっていますので、ご存じのかたも多いでしょう。



ご存じないかたのために、カンタンに説明すると、ブックメーカーとはスポーツの試合の結果を予想してかけるスポーツベッティングを行うことができるところです。


日本でいうところの、競馬、競輪、競艇、オートレースもスポーツベッティングです。



このスポーツベッティングの胴元がブックメーカーで、政府公認の一企業です。


ブックメーカーは国から許可を得たライセンスをもった会社ですので、運営の透明性は高く、安全性は高いです。


日本で競馬を運営するJRAや宝くじを取り扱うみずほ銀行みたいなものとイメージするとわかりやすいと思います。


政府の許可を得て、世界中の野球、サッカー、バスケットボール、テニス、などが対象となり、正解するとプラスになる仕組みです。



その時々の状況によりオッズが決定し、イメージ的には競馬や競艇のように遊ぶことができます。最近はネット経由での申し込みが増えていますが、本場イギリスでは、ブックメーカーができるお店みたいなものもあります。


ヨーロッパではサッカー観戦の前に、スマホで好きなチームにBETしてから試合にのぞむというのは、ごく普通の光景です。


ヨーロッパサッカーというと、フーリガンが暴れるというイメージがありますが、このスポーツベッティングが原因ともいわれています。


ちなみに、ブックメーカーは白か黒かでいうと、グレーだということ。


しかし、いまのところブックメーカーで日本人プレイヤーがつかまったケースは1件もなく、今後もありえないだろうとの見解が大半です。


たとえばパチンコって賭けることができますが、黒ではなくグレーですよね。これは逃げ道があるからです。


これと同じように、ブックメーカーはちょっとグレーよりだけど、とくに問題はないというのが実情のようです。


理由はやはりブックメーカーが政府公認であるからのようです。


政府公認の胴元だから、取り締まれない。ということですね。もちろん改正などがあれば、状況は変わってきますが、現状そのような動きはありません。


仮に取り締まることになれば、ブックメーカー側も日本から撤退するでしょう。


現に禁止されている国では、ブックメーカーに参加することじたいできませんから。


もちろん日本からは参加できますし、今現時点では取り締まる動きもありません。


そういうことがネットで徐々に浸透していき、日本でもインターネット経由で申し込めるため、日本国内からの参加者も増えているそうです。


ちなみにそのなかでも信頼性が高いとされるブックメーカーが英国政府公認のです。



はwikipediaの英語版はもちろん、日本語版でもコーナーが設置されるほど有名なイギリスの会社で、日本人のお客さんも多く、日本語サイトも充実しており、なにかあったときのフォローもしっかりしています。


どれぐらい有名な会社かというと、日本の日経225にあたるイギリスのFTSE250を構成する1社なので、すごく大企業です。


自動車で言えばトヨタとか、日産、小売りで言えば、イオンとか、ファミリーマート、ユニクロのファーストリテイリングとか、銀行でいえば三菱UFJファイナンシャルグループ。とかみなさんおなじみの日経225の企業はそういうレベルです。


それと同格のFTSE250を構成する1社なので、すごく大企業でイギリスの人ならほとんど知っているというのは、当然ですよね。


なのでもしブックメーカーをするのであれば、を選択しておけば間違いないでしょう。


ただそうはいっても、慣れない人には多少難しいところもありますから、ネットで一番詳しいであろう遊び方や登録の仕方などが詳しく書かれたサイトを紹介しておきます。


競馬や競艇をしたことがある人は、説明をみて一度やればすぐになれますが、出し入れが少しややこしいので、もし遊ぶのであれば、しっかりと理解してからするようにしましょう。



名古屋市千種区